先週の出走結果(2018年2月18日)

・アントルシャ:12着
レース前から書いていた通り、無理筋でした。枠順や馬体重の話があるにしても、残念ですが、現状は力不足は否めません。
JKの乗り方云々の批判もあるようですが、どう乗っても無理だったと思います。逃げ馬が芝1200の18番枠を引いた時点で、枠順のロスを覚悟して馬の特性を生かす乗り方をするか、本来の位置取りでなくてもロスの少ない乗り方をするかの2択で、後者を取っただけでしょうし。前者をチョイスしていいたとしても張られて終わっていたと思います。内枠でこの競馬をしていたら批判もやむを得ませんが、仕方のない範疇でしょう。
馬体重が減っていたのでいずれにしても間隔を空けるでしょうが、左回りをチョイスするなら新潟開催まで待機、性根据えて基礎体力の強化をするなら夏競馬まで待機でよいでしょう。次の中京や福島で使うのは論外です。
学さんのところのNF育成馬は新馬を勝っても伸び悩んでしまう傾向が明確になってきた感じがしますが、この馬もそのパターンに嵌ってしまった感ですね。

残念なお知らせ

2年連続で馬名不採用でした。

今週の出資馬(2018年2月16日)

<今週の出走馬>
 
アントルシャ
土曜・小倉10R・かささぎ賞(芝1200)・北村友JK
(評価E) 
距離短縮は良いと思うんですが、右回りがどうなのかと。
あと、テンのダッシュ力で勝負するタイプだけにこの枠順は大マイナスです。
 
※評価はA(確勝級)>B>C>D>E>F(苦戦必至)の6段階評価です。
 
 
<今週の出資馬>
 
・プロフェット
来週の関門橋Sを北村友JKで予定。
 
・クルークハイト
栗東へ帰厩。再来週の早鞆特別を予定。公式には出ていませんが、藤田菜七子JK続投予定。
 
・ガウディウム
レース後は問題ないようですが、次走は未定。
 
 
 
-放牧中-
クルーガー、ドレッドノータス、ガンサリュート、プルメリアスター、レノヴァール、セレブレイトソング、ダージリンクーラー、ユナニマス、クリストフォリ、スイートレモネード

三たび骨折

オーストラリア遠征も視野に入れていたクルーガーが、3回目の骨折。

無理使いしたわけでもないので厩舎を責める気はありませんが、芝では限界が見えましたし、脚元も考えて今後はダート路線に行って欲しいです。

先週の出走結果(2018年2月11日)

・ガウディウム:7着
1年以上の休み明けでブービー人気と限りなくノーチャンスの1戦でしたが、良い内容でした。勝ちに行く競馬をしての7着ですし、着順以上の評価はできるでしょう。
時計が速くなってどうかという部分の懸念はありますが、これなら500万でもやれるでしょう。休み明けでも前進気勢がありましたし、馬体が増えた分も成長分の部分が大きそうです。
間隔的には中京が良いのですが、中京は殆ど芝の500万が組まれていませんし、小倉でもう1戦できると良いのですが、使えなければ福島でしょうか。

今週の出資馬(2018年2月10日)

<今週の出走馬>
 
ガウディウム
土曜・小倉10R・背振山特別(芝1800)・北村友JK
(評価E) 
予想以上に追いきりが動いてるとは言え、長欠明けですし、休養前のパフォーマンスから現級では能力的に足らないっぽいので、馬柱が大草原なのは仕方ありません。
厩舎サイドも公開調教感満載のコメントですし、使ってからでしょう。
 
※評価はA(確勝級)>B>C>D>E>F(苦戦必至)の6段階評価です。
 
 
<今週の出資馬>
 
・クルーガー
レース後は問題ないようですが、まさかの豪州遠征になるようで天栄に移動。ドンカスターマイルに向かうことになりそうです。
 
・プロフェット
再来週の関門橋Sを北村友JKで予定。ガンサリュート回避でキタトモになったと推測。
 
・ガンサリュート
体調不良で関門橋Sを回避して、放牧へ。
 
・アントルシャ
来週の小倉・かささぎ賞を北村友JKで予定。
 
 
 
-放牧中-
ドレッドノータス、プルメリアスター、クルークハイト、レノヴァール、セレブレイトソング、ダージリンクーラー、ユナニマス、クリストフォリ、スイートレモネード

キタトモ3連続

今週:ガウディウム(北村友)
来週:アントルシャ(北村友)
再来週:プロフェット(北村友)

キャロットの会員間ではあまり評価されてませんが、個人的には数字以上に買ってる乗り役でもあります。ベストチョイスかは別としても、小倉なら十分ウェルカムです。

ちなみに、プロフェットの次はクルークハイトの早鞆特別なので、菜七子Jの予定です。

先週の出走結果(2018年2月4日)

・クルーガー:8着
外差し馬場でインで行き場を失った以上乗り役が責められるのも仕方ありませんが、脚もなかったですね。
正直、ここまで馬場が回復したのも誤算でしたし、33秒台が要求されると足らないということもハッキリしました。もちろん馬体重が示す通りデキ落ちもあったんでしょうが、今後G1云々を語るには瞬発力不足ということは明白です。
ダート路線に転向するいい切っ掛けになるには十分のレースだったと思いますし、ダート転向も視野に入れて欲しいです。

今週の出資馬(2018年2月3日)

<今週の出走馬>
 
クルーガー
日曜・東京11R・東京新聞杯(芝1600)・浜中JK
(評価B) 
勘違いされがちですがこの馬は京都は苦手ですので、府中に変わるのは大きなプラス。もちろん別定戦になるのも好材料。(リスグラシューは気の毒な斤量ですが)
そのあたりのプラスと相手強化とのバランスだと思いますが、個人的にはプラスが大きいとみています。
追い切りは1週前にビシッとやったので今週は軽めですが、無理することもないでしょう。
馬場が読みにくいところはありますが、力のいる馬場になるのは歓迎ですし、前走からの前進を期待です。前走2着で賞金加算しても、東京新聞杯ですらまだ下位の賞金ですしねぇ・・・。
 
※評価はA(確勝級)>B>C>D>E>F(苦戦必至)の6段階評価です。
 
 
<今週の出資馬>
 
・プロフェット
レース後も順調ですが、次走は未定。
 
・ガンサリュート
レース後も順調。次走は小倉・関門橋Sへ。右回りの芝マイル以下と思っていたので意外。右回りの中距離でダメなら荒療治にでも出るのかも。
 
・ガウディウム
ゲート試験合格。格上挑戦の話もありますが、基本線は来週の小倉の芝1800で復帰の予定。案外、負いきりで動いています。
 
・アントルシャ
栗東へ帰厩。小倉・かささぎ賞を予定。
 
・ダージリンクーラー
帰厩した途端に去勢の判断に。去勢云々は反対しませんが、タイミングが拙すぎでしょう。前走からの3か月が丸っきり無駄になってしまいました。11月に去勢の判断をすべきでしたし、今するんなら1,2週ロスしてもレースに使った方が良いように思います。復帰は夏競馬になるでしょうが、時間がありません。
 
 
-放牧中-
ドレッドノータス、プルメリアスター、クルークハイト、レノヴァール、アントルシャ、セレブレイトソング、ユナニマス、クリストフォリ、スイートレモネード

先週の出走結果(2018年1月28日)

・ガンサリュート:15着
矯正に取り組んできましたが、変わらないどころか悪化した印象。完全に走るのをやめています。
左回りがダメだというのも思いますが、それでも毎日杯の時点で異変が起きてるんでねぇ・・・。ダートがダメとは思わないですが、右回りの芝を使って判断せざるを得ない状況です。残念ながらデリッツァリモーネコース一直線の感じが拭えませんが。
 
・プロフェット:2着
川田くんも完璧に乗りましたが、これは仕方ありません。勝ち馬とは斤量差もありましたし。
やはり先行してナンボの馬なので、促してでも前に行くのが好走条件です。
番組表を見ると、阪神に適当な番組がないんですよねぇ・・・。小倉の関門橋Sか中山のスピカSになると思いますが、今日の競馬ができるのなら関門橋Sで良いとは思います。ただ、川田くんが乗れませんが。
しかし、今年に入って弊出資馬の2着2回は共に豊氏に負けてのもの。豊氏もプロフェットではどん詰まりやらかしたんですけどねぇ・・・。
 
<出走結果合計(1月末時点)>
(6戦)2.2.0.0.0-2
A(0)
B(1)1.0.0.0.0-0
C(3)1.2.0.0.0-0
D(0)
E(2)0.0.0.0.0-2
F(0)

«今週の出資馬(2018年1月26日)

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

出資馬リスト

  • ☆育成馬☆
    ディアデラノビアの2016、クリソプレーズの2016、マハービスタの2016、ヒカルアモーレの2016
  • ☆功労馬☆
    シーザリオ(日米オークス他)、ハープスター(桜花賞他)、シルクプリマドンナ(オークス)、ディアデラノビア(フローラS他)、ディアデラマドレ(府中牝馬S他)、クリプトグラム(目黒記念)、シルクブラボー(デイリー杯2歳S)、メトロノース(北海道2歳優駿)
  • ☆現役馬☆
    【古馬】クルーガー(マイラーズC)、ドレッドノータス(京都2歳S)、プロフェット(京成杯)、ポイントブランク、ガンサリュート、プルメリアスター、セレブレイトソング、ガウディウム、クルークハイト、 【2歳馬】レノヴァール、アントルシャ、ダージリンクーラー、ユナニマス、クリストフォリ、スイートレモネード
無料ブログはココログ