先週の出走結果(2019年1月20日)

・ガウディウム:3着
今回は勝ち負けよりも優先権確保が第一ですし、予想以上に十分な結果。馬体が増えていましたが、だいぶ実が入ってきたと言うことでしょう。
これで、次の小倉が楽しみになってきました。1800も毎週組まれていますし、中2週で開幕週&ダメなら更に中2週で最終週という姿勢で行くか、中3週で一発勝負か、どちらでもいいようには思います。

今週の出資馬(2019年1月18日)

<今週の出走馬>
 
-ガウディウム-
日曜・中京9R・4歳上500万(芝2000)・荻野極JK
(評価E)
惨敗続きの左回りで直線の長い芝2000をあえて狙う姿勢は感服します。
番組選択はともかく、同条件で勝ちに行く競馬をして惨敗したのが前走であり、4走前。ここは捨てレースで5着狙い、小倉への優先権狙いが正解でしょう。
 
<今週の出資馬>

・レノヴァール
厩舎で様子見ですが、放牧が正解と思います。2走前に間隔を詰めて大失敗だったことは理解されてるよう。

・ラバーズケープ
栗東に帰厩。来週の中京芝2000は予想通りですが、再来週の京都と両睨み。ただ、優先権は来週までのはず。

・マハーラーニー
追い切りもパッとせず。相当な良化が必要。
 

-放牧中-
クルーガー、ドレッドノータス、プロフェット、クルークハイト、ガンサリュート、クリストフォリ、カウディーリョ、クリソベリル、アントルシャ、ラバーズケープ

先週の出走結果(2018年1月14日)

・レノヴァール:1着
メンバー的には力上位なのは分かってましたが、京都新聞杯の感じから京都コースへの適性だけ心配してました。しかし、それも杞憂に終わる力強い差し切り勝ちでした。
正直、4角手前では踏み遅れかと思いましたが、落ち着いて外に出せましたし、追い出してすぐ勝つと分かるくらいの脚色でした。
現級で3戦要しましたが相手関係もキツイところを使ってのものですし、準オープンでも通用するでしょう。ただ、準OPだと2400路線の方がいいとは思いますけどね。
次走はセンテリュオとの兼ね合いもあるでしょうが、関門橋Sか尼崎Sが良さそうに見えます。中1で飛鳥Sとかは、前走見る限りやめた方が良いでしょう。

今週の出資馬(2019年1月12日)

<今週の出走馬>
 
-レノヴァール-
月曜・京都12R・4歳上1000万(芝2000)・北村友JK
(評価B)
メンバー的にもここは1,2番人気になるのでは。ここ2戦は現級最強クラスと走ってますし、ここなら決めて欲しいところ。
あとは、京都の馬場が合わない可能性が高いので、そこをクリアできるかに尽きます。


<今週の出資馬>

・クルーガー
特に問題ありませんが、短期放牧へ。アルデバランにしても短期放牧は問題ないでしょう。

・ガウディウム
来週の中京芝2000と一番ダメな選択。直線の長い左回りでの過去の悲惨な成績をどう判断してるのか謎でしかありません。それなら、もう1週待って京都芝1800の方がマシなレベル。
もう、ここの厩舎は角居ラインとは言え、レッドカードです。

・マハーラーニー
帰厩しましたが、相変わらず能力不足のコメント。
 

-放牧中-
ドレッドノータス、プロフェット、クルークハイト、ガンサリュート、クリストフォリ、カウディーリョ、クリソベリル、アントルシャ、ラバーズケープ

先週の出走結果(2019年1年6日)

・クルーガー:4着
ゲートはそれほどではなかったですが、促して1番人気馬の番手からの競馬。4角で勝ち馬に並びかけようとしかけますが、持ったままの勝ち馬との脚色の差は歴然でした。直線も踏ん張ってはいましたが、4角で動いた分、終いは止まってしまいました。
今回は競った相手が悪すぎただけで、クルーガー自身の競馬は悪くなかったと思います。
ものすごくダートで上積みがあるわけではなさそうですが、脚元に難点のある馬ですし、ダートを使って行った方が長く走れるでしょう。

やれやれ

先週の熱発を受けて、本日再検査。

先週は炎症の数値が通常の数値の40倍とか50倍以上のレベルでしたが、本日の再検査で1/10以下に数値が下がってました。

やはり油断するとダメだというのを痛感した次第。
皆さまもお気をつけください。

今週の出資馬(2019年1月3日)

新年は1週目からの出走となりました。

<今週の出走馬>
 
-クルーガー-
日曜・中山11R・ポルックスステークス(D1800)・マーフィーJK
(評価C)
番組自体はグッドチョイスでしょう。追い切りは評価が高いようですが、もう少し終いは詰めて欲しいところです。
頭までともなると強い馬もいますので難しいかもしれませんが、ダート適性を図る試金石になるので、何とか上位を期待します。


<今週の出資馬>

・レノヴァール
来週の京都芝2000へ。デスク云々ではなく、京都適性があると思えないのですが。センテリュオはえらく慎重に番組を選んだようですが、適性は逆だと思います。中山はルメールが乗れるので、センテリュオを優先したのでしょうが。
センテリュオはどちらでも勝ち負けになるでしょうが、レノヴァールは京都では割引です。

・ガウディウム
来週の京都芝2200のようですが、京都はダメでしょう。もっとも中京はさらにダメなのでマシな選択ではありますが、そもそもこのタイミングで使って得意の小倉を逃すようであればルンバ采配どころではないです。
距離適性は1800〉2200〉2000と見てるので2000よりはいいのですが、外回りがそもそもダメなはず。

・ラバーズケープ
短期放牧で、中京へ。2週目の2000でしょう。
 



-放牧中-
ドレッドノータス、プロフェット、クルークハイト、ガンサリュート、クリストフォリ、カウディーリョ、クリソベリル、アントルシャ、マハーラーニー

謹賀新年2019

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 
例年通り、新年の目標です。
 
・クルーガー
さすがに年齢的なものは出てくるのでしょうが、G3やOPならまだまだ通用するはず。
ダート適性はポルックスSで判断になるでしょうが、芝に戻っても阪神や中山主体に走ればやれるはずです。(なぜかOPに上がってからは阪神も中山も使ってもらえませんが・・・)
 
・ドレッドノータス
昨秋にOP特別を勝ちましたし、条件さえそろえばG3くらいまでは通用する素地はあるかと思います。気性的にもだいぶマシになってきた感じはありますし、G3勝ちは期待したいところ。
年明けは金杯を回避しましたので、小倉大賞典あたりが目標になるのではないでしょうか。
 
・プロフェット
ここに来て喉の問題が出てきているのが唯一最大の懸念。喉の問題がクリアできれば、準OP2着3回の実績通り、少し噛み合えば勝つ力はあるはずです。
幸いというかハンデ戦でも57kg止まりになってきてきますので、京都コースを回避して、阪神主体で使っていって欲しいです。
 
・レノヴァール
直近の期待が持てるのはこの馬でしょうか。
現級では強敵相手に連続3着にきていますし、1000万を勝つのは時間の問題と思います。降級制度がなくなりますのでその分は勿体ない気はしますが、準OPで苦労するタイプでもないでしょう。
ただ、この馬も京都や府中はダメなタイプなので、阪神・中山を主体に使う必要あり。
 
・ガンサリュート
復活を望むのは厳しい現況で・・・。
 
・クルークハイト
さすがに1000万では家賃が高いです。牝馬限定を使うか左回りを使うかしかないですが・・・。
 
・ガウディウム
右回りの小回り芝1800を徹底して使えば勝つチャンスはあるはずですが、頓珍漢な番組選択も目立つ状況で・・・。
 
・アントルシャ
500万では家賃が高く、90頭制限でお荷物状態になってそうです。
 
・クリストフォリ
古馬の下級条件組では一番期待できる馬でしょう。
骨折で復帰は春以降になるでしょうが、D1400なら間違いなく500万では通用しますし、1000万でもやれるポテンシャルは感じさせます。
ただ、とにかく脚元が弱いのでそこがすべて。
 
・セレブレイトソング
今年も新人さんの練習馬でしょう。
 
・クリソベリル
新馬勝ち後は脚部不安で全く順調さを書いていますが、順調にいけばポンポンと行けるだけの馬だと思います。
復帰は春以降になるでしょうが、早い時期に2勝目を上げても・・・の部分はありますし、焦らずに進めて、JDDに間に合ってくれればラッキーくらいで思っています。
 
・カウディーリョ
よー分からんってのが正直な馬。
あの調整で新馬勝ちだけに、能力はあるんでしょうが、相当に気性の課題がありますしねぇ・・・。
ホリーも腰を据えて長期戦を覚悟しているようですので、今年1年云々を論じるべきではないのでしょう。
 
・ラバーズケープ
現実的には未勝利を勝てるかどうかのレベルかと思います。
相当な成長が必要。
 
・マハーラーニー
こちらも体力不足は明らかで、能力的にはすでに疑問符がつく状況。
こちらの見込み違いであればよいのですが・・・。
 
 
ということで、現実的な見込みとしては以下の通り。
・ドレッドノータス:1勝
・プロフェット:1勝
・レノヴァール:1勝
・ガウディウム:1勝
・クリストフォリ:1勝
・クリソベリル:2勝
・カウディーリョ:1勝
・2歳馬計:1勝
 
上記を単純積み上げだと9勝ですが、甘く見積もってる部分があるので、
×0.8として、7勝を本年の目標とします
 
勝率、入着率については、例年通り10%、50%に設定します

2018年大反省会

今年は体調不良のため、短縮バージョンにて。
 
今年の出資馬の成績は、
 
78戦:8.9.12.7.6-36
 
勝率:10.3%
3連対率:37.2%
入着率:52.6%
 
でした。
 
優勝レースは以下の通り。
・2018/1/14:クルークハイト・4歳上500万下・藤田 菜七子
・2018/1/21:レノヴァール・若竹賞・M.デムーロ
・2018/8/18:クルークハイト・3歳上500万下・J.モレイラ
・2018/8/19:カウディーリョ・2歳新馬・J.モレイラ
・2018/8/26:クリストフォリ・3歳未勝利・富田 暁
・2018/9/15:ドレッドノータス・レインボーS・石橋 脩
・2018/9/17:クリソベリル・2歳新馬・川田 将雅
・2018/11/17:ドレッドノータス・アンドロメダS・岩田 康誠
 
8/18~9/17は固め勝ちでしたが、他は何していたの?ってな状況でした。
 
個別の馬については、年明けに余力があれば整理します。
 
それでは本年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

先週の出走結果(2018年12月28日)

今日は管理人休みを取りましたが、仁川に行ったわけでなく、熱発による病院行きでした。ということで、JRAのHPで内容確認。

・ラバーズケープ:4着

レースを見ましたが、良くも悪くも4着という感じでした。思ったより走れたと思いますが、着狙いで着を拾った印象もあり。
今日、終いまでしっかり動かしたことで少しでも前進気勢が出れば良いですが、トモが付いてこれるか。
いい例ではないですが、シュネルギアの新馬+αの印象。

«今週の出資馬(2018年12月27日)

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

出資馬リスト

  • ☆育成馬☆
    ディアデラノビアの2017、ディアデラマドレの2017
  • ☆功労馬☆
    シーザリオ(日米オークス他)、ハープスター(桜花賞他)、シルクプリマドンナ(オークス)、ディアデラノビア(フローラS他)、ディアデラマドレ(府中牝馬S他)、クリプトグラム(目黒記念)、シルクブラボー(デイリー杯2歳S)、メトロノース(北海道2歳優駿)
  • ☆現役馬☆
    【古馬】クルーガー(マイラーズC)、ドレッドノータス(京都2歳S)、プロフェット(京成杯)、ガンサリュート、セレブレイトソング、ガウディウム、クルークハイト、、レノヴァール、アントルシャ、クリストフォリ、スイートレモネード  【2歳馬】クリソベリル、カウディーリョ、マハーラーニー 、ラバーズケープ
無料ブログはココログ